上大岡の歯医者さん「マエハラ歯科医院」・一般歯科小児歯科歯周病歯科
ホワイトニングインプラント 

045-844-3505

午前:10:00~13:0~午後14:30~19:00 火曜休診

歯周病とは

歯周病とは

歯と周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨(歯槽骨)などが破壊される病気です。
歯と歯肉の境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし、赤く腫れてブラッシング時に出血します。しかしこの時点では痛みはありません。
さらに進行すると歯肉の中にある歯槽骨が溶けて膿が出たり歯がグラグラしてきます。この時期になるとやっと痛みや腫れをともないます。そして最後には歯が抜けてしまいます。
一生自分の歯でかむためには、むし歯の予防と同時に歯周病の予防と適切な治療が必要なのです。

歯周病の原因は歯垢(プラーク)です

お口の中にはおよそ400種類の細菌が住んでいます。
これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが不十分であったり、砂糖を過剰に摂取したりすると細菌がネバネバした物質を作り出し歯の表面にくっつきます。
これを歯垢(プラーク)といいます。プラーク1㎎の中には10億個の細菌が住み着いていると言われ、むし歯や歯周病を引き起こします。また、プラークは粘着性が強く、うがいをした程度では落ちません。さらにプラークは取り除かなければ、だ液の中のカルシウムなどと結合し硬くなり歯の表面に強固に付着します。その中や周りにさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けるのです。
これはもはやブラッシングでは取り除くことはできません。

歯周病の進行
歯周病 歯と歯ぐきの間にプラークが溜まり、歯肉が腫れ、 歯肉炎出血しやすくなってます。
歯を支える骨にはまだ影響がありません。
軽度歯周炎 歯と歯ぐきの間にプラークが溜まり、歯肉が腫れ、 歯肉炎出血しやすくなってます。
歯を支える骨にはまだ影響がありません。
中度歯周炎  歯根の三分の二程度の深さまで骨が失われて歯が長くなり、歯間部の隙間が広がって見えます。
膿が出て口臭がする。
重度歯周炎 歯を支える骨がほとんどなくなり、歯はグラグラになり、食べるときにも支障がでます。
歯ぐきから膿が出るなど口臭もひどくなり、歯が抜けてしまいます

歯周治療機器

当院では数種類の歯周治療専門の超音波スケーラーを使い、深いポケット内の歯垢、歯石を除去したり、洗浄したりしています。

患者さんの病態により使い分けています。
・ 痛みや腫れのある方
・ 壁状に沈着した歯石のある方
・ ステイン除去の方
・ メインテナンスの方

スプラソン P-MAX+(プラス)

スプラソン P-MAX2

ピエゾン150 

プチピエゾ

エアーフローS1 

歯周病は感染症であると同時に生活習慣病と位置づけられています。病気・ストレス・睡眠不足を感じているなど、抵抗力がおちているときは腫れや痛みが出やすくなります。
歯周病は毎日の生活の中での予防と定期健診、クリーニングがなにより大切になります。

 
 

診察時間のご案内

診察時間
午前 10:00~13:00
午後 14:30~19:00

平日お忙しい患者さまにもご利用いただけるように日曜・祝日も午後7時までの診療を行っております。

 

休診日  火曜日

午前 10:00~13:00
午後 14:30~19:00

 

 

〒233-0002    
神奈川県横浜市港南区上大岡西2-4-2 MTビル1F
(駐車場2台あります。) 
 
急なお痛み等の患者様には応急的に対応させていただきますが、お急ぎでなければ待ち時間も少なくなりますのでご予約をおすすめします。
TEL:045-844-3505